広告

Data

《 2018.7.23 》

平均寿命、男女とも過去最高を更新 男性81.09歳、女性87.26歳


厚生労働省は20日、日本人の平均寿命が男女とも過去最高を更新したと発表した。
 
平成29年簡易生命表の概況
 
男性が81.09歳、女性が87.26歳。前年と比べると、男性が0.11歳、女性が0.13歳伸びた。諸外国との比較をみると、女性は昨年に引き続き世界2位。男性はワンランク下がり3位となっている。世界トップは男女とも香港。
 
病気で寝たきりになったり介護サービスを利用したりしない「健康寿命」は、直近の2016年で男性が72.14歳、女性が74.79歳。平均寿命との差は、男性が8.95歳、女性が12.47歳となっている。政府はこの差の縮小を目指す。生活習慣病の予防や介護予防に一段と力を入れていく方針だ。
 
平均寿命が過去最高を更新するのは、男性が6年連続、女性が5年連続。厚労省の担当者は、「健康意識の高まりが理由の1つ」と分析している。がんや心疾患、脳血管疾患の死亡率が下がるなど、医療技術の進歩も影響しているという。

広告