NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年6月28日 》

東京都の受動喫煙防止条例が成立 介護施設は屋内禁煙 喫煙専用室は可能



東京都議会の本会議で27日、他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙の防止に向けた条例が賛成多数で可決、成立した。
 
年内から段階的に施行され、オリンピック・パラリンピックが開催される直前の2020年4月には全面施行となる。
 
誰もが快適に過ごせる街を実現していく −− 。条例の目的だ。都は「人に着目した対策を打つ」と説明。自ら注意して受動喫煙を避けることが難しい子どもや従業員の安全を重視したという。

広告