NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年6月18日 》

政府、外国人の受け入れ拡大を決断 介護で新たな在留資格を創設 骨太方針決定



政府は15日の臨時閣議で、今年度の「骨太方針」を閣議決定した。
 
今月5日に提示した原案の内容を概ね踏襲。「即戦力となる外国人材を幅広く受け入れていく仕組みを構築する」と明記し、就労を目的とした新たな在留資格を創設する考えを打ち出した。
 
より多くの人が日本で働けるように間口を広げ、これから一段と深刻化する人手不足の緩和につなげていく狙いがある。



広告