NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年6月8日 》

「例えば1000円」 老施協、居宅介護支援の利用料導入で提案 「定額の負担を」



特養を経営する社会福祉法人などでつくる全国老人福祉施設協議会が、今月15日にも閣議決定される今年度の「骨太方針」に向けた提言をまとめた。
 
居宅介護支援のケアマネジメントでも利用者から自己負担を徴収する案について、「ケアマネジャーのサービスを利用しているというコスト意識を持っていただく必要がある」と理解を示している。
 
政府が5日に公表した「骨太方針」の原案には、ケアプランの作成や軽度者への生活援助について「給付のあり方を検討する」と明記された。



広告