NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年6月4日 》

排泄予測の「DFree」、一般向け販売が7月からスタート 外出先でも使用可能



排泄予測デバイス「DFree」の開発を手掛けるトリプル・ダブリュー・ジャパンは1日、一般向けの新サービス「DFree Personal」の販売・提供を来月1日から始めると発表した。
 
これまでは介護施設などの法人向けサービスだったが、今回は在宅で生活を続けている個人が対象。
 
「尿意がわからない」「漏らしそうになる」といった排尿に関する悩みを抱える人に、年齢を問わず幅広く使ってもらいたいという。



広告