NEWS HEADLINES
 
 
 
 
 
 
 
 
 

《  2018年5月11日 》

社会参加で介護の人手不足緩和を 2035年、31万人の需給ギャップ縮小 経産省


広告

継続的な社会参加をはじめとする高齢者の介護予防を推進していけば、介護業界の人手不足を大幅に緩和する効果も見込める −− 。
 
経済産業省がそんな試算を公表した。
 
これから生じる介護職員の需給ギャップを、2025年で最大28万人、2035年で最大31万人縮小できると見込んでいる。

広告