POINT OF VIEW
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Column
《  2018年5月7日 》

医療・介護連携、重要性を増す橋渡し役 ケアマネジャーたちの思い


広告
 

2018年4月、3年ぶりとなる介護報酬の改定が施行された。今回の改定は、6年に一度の診療報酬との同時改定であり、団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けた道筋を示す極めて重要な改定となることから、医療と介護の連携についてより一層推進されたものとなった。
 
日本介護クラフトユニオン(NCCU)は、本年1月26日に介護報酬改定案が答申されてから、随時組合員に向けての勉強会を開催するとともに、「2018年度介護報酬改定(居宅介護支援)についてのアンケート」を行った。調査対象者は、NCCUホームページに登録している組合員とし、602名(内、ケアマネジャー84名)からの回答があった。回答いただいた調査結果とともに、介護現場のケアマネジャーの声を3回に分けて紹介していきたい。

広告